Microsoft 365 Apps について

Microsoft 365 Apps について (学生利用)

  • 自分のパソコンに、Microsoft のWord/Excel/PowerPoint等がインストールできます。

  • WindowsまたはMac合わせて5台までパソコンにインストールできます。

  • 対象者: 学部生、大学院生(正規生に限る)

  • 本学の学生でなくなった場合、利用できなくなります。

≪Microsoft 365 Apps インストール手順≫

Microsoft サインイン:https://login.microsoftonline.com/

  1. Microsoft 365 Appsのユーザー名とNUFS統合パスワードでサインインします。

ユーザー名:NUFS-ID@nufs.onmicrosoft.com

例:210xx000@nufs.onmicrosoft.com

「@より右は大学のメールアドレスと異なります」

2. 右上の「Officeのインストール」をクリックして、次に「Office 365 アプリ」をクリックします。

3. 右上の「ファイルを開く」をクリックしてインストールを開始します。


ブラウザによって操作は異なります。いずれもダウンロードされたファイルを実行することでインストールが開始されます。

4. インストールが完了したら、スタートメニューからMicrosoft 365 Appsのアプリ(Wordなど)を起動します。

「このアカウントにはまだOfficeがありません」と表示されたら「別のアカウントを使用する」をクリックします。

5. 「サインインしてOfficeを設定する」と表示されたら「サインイン」をクリックします。

Microsoft 365 Appsのユーザー名とNUFS統合パスワードでサインインして、「ライセンス契約に同意します」と表示される画面で「同意する」をクリックすれば完了です。

詳しい説明は「Microsoft 365 Apps 利用手引き(PDF)」を参照してください。

Windows/Mac それぞれのインストール手順が記載されています。

≪よくある質問≫

インストールのためサインインしようとしたとき、「アカウントを選択する」と表示される。

「別のアカウントを使用する」をクリックして、大学のMicrosoft 365 Appsのユーザー名でサインインしてください。

「Officeのインストール」をクリックすると、「プレミアムに移行」と表示されてインストールが開始できない。

大学のMicrosoft 365 Appsのアカウントでサインインしなおしてください。

  1. 画面右上のマイアカウントアイコン(初期状態ではイニシャル1文字で表示されています)をクリックしてから「サインアウト」をクリックします。

  2. 「現在サインアウトしています。」と表示されたら「別のアカウントに切り替える」をクリックして大学のMicrosoft 365 Appsのユーザー名でサインインしてください。

パソコンを起動するたびに「Microsoft Teams この機会を逃さずに、管理者に連絡して、…」と表示される。

  1. Microsoft Teams の自動起動を無効にすることで表示されなくなります。

  2. 「Microsoft Teams が自動起動してしまう」に、自動起動を無効にする手順が記載されています。

Microsoft 365 Appsアプリ(Wordなど)が最新の状態に更新されない。

下記の手順で自動更新を有効にしてください。

  1. Wordなどのアプリを開き、新しい文書を作成します。

  2. 「ファイル」をクリックしてから、左下の「アカウント」をクリックします。

  3. 画面右側の「製品情報」で、「更新オプション」をクリックして「更新を有効にする」をクリックします。

  4. 「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と表示されたら、「はい」をクリックします。

メディア情報・データ科学センター