NUFS-IDについて(学生)

学生は、パソコン教室や学内無線LANなど本学が提供するICT環境を利用することができます。

NUFS-IDについて

在学中に必要なシステムやサービスを利用するためのアカウントを「NUFS-ID」といいます。

例)学籍番号「20011000 」→ NUFS-ID「200fe000」

パスワードについて

本学では多数のシステムにおいて、パスワードが統合されています。「NUFS統合パスワード」と呼びます。(パスワード統合されていないシステムもあります。)

初期パスワードは必ず変更してください。

NUFS統合パスワードの変更は、「NUFS統合パスワード パスワード変更」より行うことができます。

(1)「NUFS統合パスワード」を利用するシステム

① 学内パソコン:

パソコン教室、PCワゴン、LTCのパソコンにログインする。

② ポータルシステム:

ポータルシステムを利用する。

ポータルシステムとは、学生一人ひとりに専用のページが用意されており、大学からのお知らせや休講・教室変更などの情報が表示されます。履修登録を行ったり、時間割を確認することもできます。

③ 学内Wi-Fi:

学内無線LAN(WiSH1x)を利用する。

④ FireWall認証:

学外から学内専用ページ(「Listen to Me!」など)にアクセスする。

コミュニケーションプラザのパソコンでインターネットを利用する。

⑤ OPAC端末:

図書館でOPAC端末を利用する。

⑥ MyLibrary:

MyLibrary(図書館個人ページ)を利用する。

⑦ Listen to Me! :

リスニング教材(Listen to Me!)を利用する。

⑧ 大学Gmail:

大学Gmailを利用する。(ユーザ名:NUFS-ID@st.nufs.ac.jp)

⑨ Office365 ProPlus:

Office365 ProPlusを利用する。(ユーザ名:NUFS-ID@nufs.onmicrosoft.com)

⑩ NUFS eduroam:

学外、海外のeduroam参加機関においてNUFS eduroamを利用する。(ユーザ名:NUFS-ID@ad.nufs.ac.jp)

(2)「NUFS統合パスワード」を利用しないシステム」(個別のパスワードを利用するシステム)

⑪NUFS Moodle:

NUFS Moodleを利用する。

NUFS MoodleはWeb上のオンライン授業サポートシステムです。

授業での資料配布や課題提出、学生や教員のセッションを行うことができます。

ブラウザはGoogle ChromeまたはFirefoxを利用してください。

(ユーザ名:NUFS-ID 、パスワード:NUFS Moodle個別のパスワード)

※パスワードを忘れた場合は、メディア情報教育センター 7号館4Fまできてください。(要学生証)